医学部に強い予備校おすすめ比較ランキング!失敗しない選び方も紹介

勉強する女子学生ランキング・おすすめ・比較

医学部受験は難易度が高く合格率が低いことから、今や予備校に入塾することは必要不可欠となりました。

しかし、大手予備校や医学部予備校は全国に数えきれないほどあり、全てを比較して自分に合ったところを選ぼうとするといくら時間があっても足りません。

そこでこの記事では、医学部に強いおすすめの予備校を厳選して特徴をまとめました。また、医学部予備校を選ぶ際に抑えておくべきポイントも解説しています。

この記事を読めば、自分に適した医学部に強い予備校を見つけることができ、予備校選びに失敗しなくなりますよ。最短で効率よく医学部に合格したい受験生の方は、ぜひ読んでみてください。

すぐに医学部に強いおすすめの予備校ランキングを読みたい方は⇒【こちら】をクリック

医学部受験は予備校選びが鍵となる

鍵

医学部受験において、予備校選びは合格を左右する非常に重要な鍵となります。選ぶべきはズバリ医学部予備校です。

国立・私立医学部受験は東大理系学部に匹敵、もしくはそれ以上の難易度だと言われています。単に成績が優秀なだけでは合格できるはずもなく、基礎学力はもちろん深い知識を身に付けておかなければいけません。さらに、志望校に対する受験戦略といった対策も求められます。

これらに優れているのが「医学部予備校」で、医学部に特化したカリキュラムで指導を行うことはもちろんのこと、生徒の志望校に沿った受験対策や戦略を講じてくれるほか、学習管理まで行ってくれます。医学部受験に必要な内容だけを学習しながら合格を目指せるのが医学部予備校の魅力です。

大手予備校にも医学部コースはありますが、実は医学部に特化してないカリキュラムになっていたり、コースレベルが目標大学とマッチしてないことが多いのが現状です。知名度があるからという理由で大手予備校を選ぶのは避けたほうが無難だと言えます。

せっかく予備校に行っても、最終的に合格しなければ意味がありません。時間やお金を無駄にせず効率よく医学部合格を目指すためにも、医学部予備校を選ぶようにしましょう。

関連記事 医学部を目指す塾は医専一択!大手予備校を選んではいけない理由を解説

医学部予備校選びで失敗しないためのポイント

ポイント

「自分にはどこの医学部予備校が合っているんだろう?」

医学部予備校を選ぶにあたってこのような疑問を抱いたとき、特に抑えておきたいポイントは以下の2点です。

  • 医学部受験に精通した講師が在籍しているか
  • サポート内容が充実しているか

医学部受験に精通した講師が在籍しているか

医学部予備校を選ぶ場合、医学部受験に精通した講師が在籍しているか確認しておきましょう。

医学部予備校の多くは少人数制集団授業や個別指導を採用していて、講師が生徒1人ひとりに目が届きやすいのが特徴です。医学部受験指導の実績が豊富な講師であれば、各生徒に最適なカリキュラムで指導してもらうことができます。

医学部予備校のホームページには基本的に講師のプロフィールが紹介されていますから、自分が求めている指導を行ってくれる講師なのかチェックしてみてください。

サポート内容が充実しているか

医学部予備校にどのようなサポートがあるかも、重視しておきたいポイントの一つです。

例えば「自習室は集中して自習ができる環境なのか・悩んだときに相談に乗ってくれるのか・疑問に感じたらすぐ質問できるのか」などですね。

安心して医学部受験に打ち込めるサポート体制が整っている医学部予備校を選びましょう。

医学部予備校の選び方についてより詳しい内容は、『医学部予備校の正しい選び方【必ずチェックすべき7つのポイントを解説】』で解説しています。

医学部に強いおすすめの予備校ランキング5選

ガッツポーズする女子学生

医学部予備校の中でも、特に医学部受験に強いおすすめの予備校を紹介します。

それでは、各医学部予備校の特徴を解説しながら紹介していきます。

ここでは高卒生の学費を掲載しています。現役生の学費は各医学部予備校の公式サイトをご覧ください

メディカルアーク

「メディカルアーク」のおすすめポイント
  • 2022年度の合格率86%(総合14名中12名)の実績
  • プロ講師が生徒1人ひとりの学習計画と内容を徹底管理
  • 少人数集団授業+個別指導で確実に学力を身に付ける

医学部に強い予備校ランキングはメディカルアークです。

メディカルアークは2022年度の合格率86%(総合14名中12名/高卒90% 現役75%)という、首都圏の予備校の中でも圧倒的な合格率を叩き出している医学部予備校です。

すべての医学部大学に関する豊富な知識や、熟練した指導力を持ったプロ講師が質の高い授業を展開。平均9名の集団授業では生徒1人ひとりの理解度を把握しながら指導し、苦手科目は個別指導でフォローアップすることで短期間の学力アップを実現しています。

この結果が、「合格率86%」の実績を生み出していると言えるでしょう。

また、勉強スケジュールの管理・自習の勉強方法のアドバイス・二次試験対策の実施・メンタルケアなど、とことん生徒に寄り添ったサポート体制を整えていることも魅力です。

実績だけでなく評判もいいことから、県外からの入塾希望者がいるほど人気の医学部予備校です。

授業形態少人数集団授業・個別指導
オンラインあり
学費【国公立医学部コース】
・入学金:110,000円
・年間合計:2,860,000円

【私立医学部コース】
・入学金:110,000円
・年間合計:4,180,000円
(季節・直前講習料 別途必要)
校舎神奈川県横浜市
※表内価格は税込

メディカルアークの評判・口コミを知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

医学部専門予備校YMS

「医学部専門予備校YMS」のおすすめポイント
  • 洗練されたカリキュラムで効率よく勉強できる
  • 担任講師による手厚いサポートを受けられる
  • 医療現場の見学や現役医師の講義が聞ける

次の医学部に強い予備校ランキングは医学部専門予備校YMSです。

40年以上にわたって医学部入試を分析し、改良を重ねた独自のカリキュラムで授業が実施されるため、遠回りをせず効率的に学習できる強みを持っている医学部予備校です。

また、授業を担当する講師が各生徒の担任となり、定期的に面談や学習ノートのチェックを行うほか、生活面や精神面までケアします。この担任制度は受験生にとって大きな支えとなるでしょう。

YMSには、実際の医療現場の見学や講義を聞く「医のアート」授業があることもポイントです。間近で体験することで、モチベーション高く医学部受験に取り組むことができるはずです。

授業形態集団授業・個別指導(本科生で希望者のみ)
オンラインあり
学費【高卒国公立本科コース】
・入学金:220,000円
・年間合計:936,320円~1,580,040円

【高卒本科コース】
・入学金:220,000円
・年間合計:994,400円~3,295,600円

※特待区分によって年間合計は異なる
(季節・直前講習料 別途必要)
校舎東京都渋谷区
※表内価格は税込

医学部専門予備校YMSの評判・口コミを知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

メディカルラボ

「メディカルラボ」のおすすめポイント
  • 完全個別指導!1対1で向き合う丁寧な指導
  • 知識の定着を細かく確認しながらカリキュラムを修正
  • 医学部入試に特化したオリジナル模試で志望校の合格可能性を的確に判断

次の医学部に強い予備校ランキングはメディカルラボです。

メディカルラボは個別指導専門の医学部予備校で、生徒1人ひとりに個別に志望校に沿ったカリキュラムを作成。全科目満点を目指すのではなく、合格最低点をクリアすることを目標として効率的に学習を進めます。

カリキュラムは習熟度や進捗状況によって修正されるので、常に生徒にとって最適なカリキュラムで受験勉強ができるのがメリットです。小論文や面接対策も個別授業で実施され、生徒と向き合いながら合格までサポートします。

メディカルラボではオンライン個別授業での受講も可能です。リアルタイムの同時双方向型を採用しているので、通学生と同じクオリティの授業を受けることができますよ。住んでいる地域に医学部予備校がない、という方におすすめです。

授業形態完全個別指導
オンラインあり
学費【医学部受験コース】
・入学金:100,000円
・年間合計:5,050,000円
(季節・直前講習料 別途必要)
校舎都心部を中心に全国28校舎
※表内価格は税込

メディカルラボの評判・口コミを知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

医学部受験クエスト

「医学部受験クエスト」のおすすめポイント
  • 実力派の講師からレベルの高い指導が受けられる
  • レベル別少人数クラス授業で切磋琢磨しながら学べる
  • 塾長面談や充実したフォロー体制で生徒をサポート

次の医学部に強い予備校ランキングは医学部受験クエストです。

クエストは東大卒業や大手予備校の実力者など選りすぐりの講師が揃っており、レベルの高い指導を受けられます。

少人数集団授業は1クラスにつき10名以下でレベル別に分けられ、同じ実力・目標を持った生徒同士が互いに刺激し合いながらモチベーション高く学べます。基礎学力の補強や弱点克服など実力底上げに効果的な個別指導のパーソナルクエストも受講できます。

また、定期的に塾長が面談があり、学習計画の提案や医学部受験の総合的なアドバイスを受けられることもクエストの特徴です。他にも、「テストシステム」「クラス担任・チューター制」「家庭通信」「添削システム」など、生徒をフォローする体制も万全です。

授業形態少人数集団授業・個別指導
オンラインあり
学費【医学部コース】
・入学金:198,000円
・年間合計:2,475,000円
(季節・直前講習料含む)
校舎東京都新宿区
※表内価格は税込

医学部受験クエストの評判・口コミを知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

富士学院

「富士学院」のおすすめポイント
  • プロ講師と教務スタッフの卓越したチーム力
  • 生徒毎の目標に合わせた指導が行われる富士ゼミ
  • 早期に面接指導が行われ本番で自信を持って臨める

次の医学部に強い予備校ランキングは富士学院です。

富士学院の最大の強みは、難関採用試験をクリアした各科目の講師と教務スタッフのチーム力です。生徒1人ひとりに担任講師と教務担当が付き、生徒の学力や課題点、さらには性格や生活面を把握してチームで共有します。それらを把握した上で指導バランスと課題を調整し、チーム一丸となって生徒を支えます。

生徒毎に最適なカリキュラムが組まれる富士ゼミでは、過去から最新の入試情報を活用したオリジナル教材を使用して授業が行われ、授業後の夜間補習と夜間添削指導で学力定着を図ります。

また、面接指導は入学直後から定期的に行われるため、実際の面接試験ではゆとりを持って臨むことができるようになるでしょう。

授業形態少人数集団授業・個別指導
オンラインあり
学費【国公立医学部コース】
【私立医学部コース】
【国公立・私立併願コース】
※学費は予備校に要問合せ
校舎都心部を中心に全国10校舎
※表内価格は税込

富士学院の評判・口コミを知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

医学部に強い予備校まとめ

医学部受験では予備校選びが大切であること、医学部予備校を選ぶポイントをお伝えしながら、医学部に強いおすすめの予備校を紹介してきました。

医学部予備校は首都圏を中心に数多く存在し、判断に迷うこともあるかと思います。しかし、有名な予備校だから…学費が安いから…など、安易な理由で決めてしまうと後悔してしまうことでしょう。

この記事を参考にしながら、自分に合った医学部予備校を選んでください。気になる医学部予備校があれば、一度体験授業を受けてみるのがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました