• 医学部予備校メディカルアーク
  • 城南医師塾
  • 翔進予備校
  • 一会塾
  • メディックトーマス

【2021年徹底比較】神奈川・横浜エリアで医学部合格に一番近い医学部予備校を決定!実績で選ぶならコレ!

2021年度入試では、コロナ禍の影響や入試改革により、これまでの入試傾向が大きく変化し入試を取り巻く環境もより厳しい状況になりました。 医学部受験に詳しい予備校も増加。神奈川横浜エリアの中だけでもどこを選んだら良いのか迷ってしまいますよね?

今回は、神奈川横浜エリアの医学部予備校を9校を対象として、公表されている”医学部合格率”を中心に、 もっともおすすめできる医学部予備校を決定したいと思います。

評価基準はやはりもっとも気になる合格実績。 重複された合格数ではなく◯人中◯人が合格したのかを調査対象としています。とは言えその予備校に合うか合わないかもありますので 指導内容やサポートも調査範囲に加えています。

果たして神奈川横浜エリアでどの予備校がベストなのか。医学部予備校を選ぶポイントについても解説していますので、 ぜひ予備校を選ぶ際の参考にしてください。

医学部予備校の選び方

たくさんある医学部予備校のなかで、HPなどを見ても同じようなことが書いてあって選ぶのはなかなか難しいですよね。 今回は、比較検討するうえでの3つのポイントに絞って取り上げてみます。

合格実績は正しいのか?

合格実績は正しいのか?

まず皆さんが気になるポイントとして合格実績があるかと思います。

「〇〇大学 □名」等がズラッと並んでいるのをよく目にするでしょう。
この合格実績は重複されたものも多く存在します。例えば、X予備校ではAさんが〇〇大学と△△大学と□□大学へ合格。結果、〇〇大学へ進学しました。 この場合「〇〇大学1名 △△大学1名 □□大学1名 合格」となり、合格実績は3名となり、実際の合格人数より水増しされているのです!

このように、一人の複数合格を重複してカウントすることで合格者数を多く見せる悪質な予備校も多数存在します。

同じように、全国に複数分校やグループ校の実績も累計し、実際の合格数より多く見せている予備校も存在します。 これはHPや資料では確認が難しいので、直接問合せをしてみるのも一つの方法です。

このサイトでは重複した合格数ではなく○人中○人というはっきりした合格者数をランキング基準にしています。 単純に数字の多さで選ぶのではなく、志望大学に多くの合格者がいるなど、きちんと精査して選ぶポイントの一つとしてください。

集団授業・個別指導も体験して決めよう

集団授業・個別指導も体験して決めよう

やはり一番大きなポイントとなる授業についてはどうでしょう。

集団授業形式の予備校では、講師1人に対して複数の生徒で授業が進行します。 そのため、講師→生徒の一方通行の授業となり、授業をしっかりと理解し付いて行くことが出来れば、非常に効率よくハイペースで学習することが可能です。 その一方、自学自習の習慣が見についておらず、復習がきちんと出来ない生徒は、ただ聞くだけで分かった気になって1年を過ごしてしまいかねません。

個別指導では講師1人に対して生徒1人で、質疑応答がしやすく、実際に問題を解くなど受講生自身がアウトプットしながら知識を深めていけます。 反面、理解するまで進まないので、集団授業と比べると進捗が遅れやすく、後半で慌てた授業進度になり、場合によっては間に合わないリスクがあります。

『集団授業でインプット』『個別指導でアウトプット』でそれぞれのメリットを生かした両方を組み合わせで行うスタイルの予備校も多くあります。

「どちらが自分にあっているのか」をきちんと見定めて予備校を選びましょう。 どちらが良いかわからない場合は、体験授業などで実際の授業を体験して、1年後の自分がどのように成長できるのかを積極的に体感してみましょう。

授業外のサポート体制も重要

授業外のサポート体制も重要

予備校選びで見逃されがちなのが、この「授業外のサポート体制」です。 「校舎がおしゃれでキレイ!」など見た目の部分に惑わされがちですが、大事なことですので確認しましょう。

浪人生の多くは、朝から夜まで12時間近くを予備校で過ごすことになります。その中で授業時間は多くても4〜6時間。残り半分の時間は自学自習を進めることになります。

自分の思うままに自習を進めることや、無計画に行き当たりばったりな復習を繰り返してはいくら時間があっても足りません。 授業時間外での学習プランを組んでくれたり、自習課題をキチンと課してくれたりすることは、案外見逃しがちですが、1年で医学部へ合格するためには効率の良い学習こそ必要不可欠。

正しい医学部入試の知識に基づいた学習プランを進めてくれるアドバイザーは医専予備校を選ぶ上でのポイントのひとつです。

また、大手予備校などの大勢が在籍する予備校では、質問や疑問を講師へ質問するたび、大行列を待たされたり、質問は学生アルバイトが対応したりするところもあります。 質問・疑問をその場ですぐ解決できるかどうかは成績向上を左右する大事なポイントです!

最後になりますが、予備校選びの失敗しないためには、気になった予備校の資料請求を行って、たくさんの情報の中から比較検討をすること。 そして、実際に足を運んで自分の目で見学し体験することが大事です。 朝早く登校し遅くに帰ることになる予備校ですので、通学路の治安の良さや周辺の様子も判断の基準にするのも重要です。

このサイトでは、医学部受験を目指す方におすすめの予備校をランキング形式で紹介しています。

医学部予備校9位から発表

メディカルラボ

受験校をマッチング指導・医学部受験のプロ講師・3段階150分の個別授業

メディカルラボ
合格率・実績 %表示無し
講師 各大学医学部の入試傾向に詳しいプロフェッショナル
授業 1対1の完全個別指導
授業外サポート 質問専任チューター制
学習環境 個別ブースの自習室

メディカルラボのポイント

  • 最短で合格することを考え抜いた個別カリキュラム
  • 講義・演習・講義の3つに分かれた、特殊な150分授業
  • 全国に校舎を展開

学費の目安

高卒生の国公私立医学部コース:442万〜

プロメディカス

東京・大宮・横浜に3校舎を展開する医専予備校

プロメディカス
合格率・実績(%) 記載なし
講師 信頼できて生徒に支持される講師
授業 集団授業・個別指導
授業外サポート 各校舎に受験情報に精通した責任者がサポート
学習環境 1人専用自習席

プロメディカスのポイント

  • 個別管理プログラム
  • 毎日テスト・補習個別指導
  • 実績のある優秀な講師陣

学費の目安

年間学費267万円〜

エースメディカル

馬車道から徒歩1分。無料個別指導・個別管理プログラム

エースメディカル
合格率・実績(%) 記載なし
講師 信頼できて生徒に支持される講師
授業 集団授業・個別指導
授業外サポート 補修個別指導
学習環境 自習室あり

エースメディカルのポイント

  • 個別管理プログラム
  • 毎日テスト・補習個別指導
  • 実績のある優秀な講師陣

学費の目安

高卒:310万円〜

横浜予備校

難関大学受験・医学部の予備校

横浜予備校
合格率・実績 記載なし
講師 プロ講師
授業 2名〜4名の少人数授業・個別指導
授業外サポート 大学生が担当するハマトレ(補修指導)
学習環境 専用自習机

横浜予備校のポイント

  • 難関大学・医学部などコースが豊富
  • 自立学習個別「ハマトレ」
  • 2〜4人の少人数指導

学費の目安

年間268万円〜

メディックトーマス

個別指導でありながらハイレベルな医学部受験指導

メディックトーマス
合格率・実績 記載なし
講師 プロ講師・学生講師
授業 個別指導
授業外サポート 教務担任制度とT.A.による演習指導
学習環境 固定席ではないが自習室あり

メディックトーマスのポイント

  • 完全1対1の個別指導
  • 市ヶ谷・大宮・横浜・吉祥寺に展開
  • 幼稚園・小学校から一貫した教育運営の独自の教育ノウハウ

学費の目安

年間学費324万円〜(週3回×1回3時間)

一会塾

医歯薬獣・文系・理系に強い予備校

一会塾
合格率・実績 記載なし
講師 プロ講師・大学生講師
授業 平均クラス7名・個別指導
授業外サポート プロ講師または医大生が質問対応
学習環境 BOX自習室

一会塾のポイント

  • 医歯薬獣に対応。恵比寿校は医学部専門校舎。
  • 少人数制クラス授業平均7名
  • 合格保証制度がある。

学費の目安

  • 288万〜(17週受講の場合)(年間合計の記載なし)

翔進予備校

50年以上の歴史を誇る医系学部予備校

翔進予備校
合格率・実績 %表示無し
講師 大学受験に特化した経験豊富な専任講師
授業 少人数制(30名定員 1クラス4〜5名)
授業外サポート 対話を通して徹底的にサポート
学習環境 個別ブース型自習室

翔進予備校のポイント

  • 少人数制へのこだわり
  • 年に数回開かれる合宿で合格力アップ
  • 医系受験指導50年の信頼と実績

学費の目安

私立医学部クラス年間199万円〜

城南医師塾

プロ講師と現役医師のサポート

城南医師塾
合格率・実績 校舎単位の実績ではないため内容不明
講師 プロ講師
授業 10名以下少人数・個別指導
授業外サポート プロ講師または医大生が質問対応
学習環境 1人専用固定の自習席

城南医師塾のポイント

  • 顧問医師による二次試験対策がある「医志教育」
  • 直前期講習は動画授業
  • 自習室には1人1台の専用学習机

学費の目安

高卒生本科:260万〜(コースにより異なる)

口コミ

  • 自分にあった指導がピッタリでした(女性:ゆうさん)
    勉強の計画や進度などを相談できて目的を見失うことなく勉強ができました。夏の合宿も、一番中だるみしやすい時期に集中ができました!
  • 顧問医師在籍が他とは違う!(男性:TTさん)
    少人数なので塾長や先生方と距離が近く、自分の志望校に適した学習ができました。直接医師の話が聞けて、勉強へのモチベーションにもつながりました。
  • 自分専用自習席が便利でした。(男性:よーすけさん)
    自身の状況を把握してくれて、学校別の問題の解き方・ペース配分などの試験対策をしてくれました。自分専用の自習席、ロッカーがあったことも良かった!。

医学部予備校メディカルアーク

驚異の合格率を打ち出す学習システム

メディカルアーク
合格率・実績 77%(9名中7名)
講師 プロ講師
授業 10名以下少人数・個別指導
授業外サポート プロ講師または医大生が質問対応
学習環境 1人専用固定の自習席

メディカルアークのポイント

  • Panasonic提携の授業録画システム
  • 多浪生の合格に強い
  • 合格保証制度

学費の目安

年間授業料260万円〜

口コミ

  • サポートが手厚い(男性:たかぽん)
    講師のレベルが高いと思った。大手予備校では物理が伸びなかったのにここで習ってから困ることがなくなった。親身になって支えてくれる予備校だと思います。
  • 面倒見がいい!(女性:トクサン)
    自習室や食事スペースがあり設備が整っていて、先生も医学部合格実績がある方ばかり!とても熱心な授業や、休み時間でもたくさんの質問を快く受けてくれて生徒思いの予備校です。
  • 自習室が快適!(女性:みほさん)
    メディカルアークの自習室は他の予備校に比べ席が広く、収納も多くて快適です。ユニークでフレンドリーな先生ばかりで、苦手だった英語と数学を1年間モチベーションを落とすことなく勉強できました。

神奈川横浜の医学部予備校ランキング一覧表

予備校名
1
医学部予備校メディカルアーク メディカルアーク
2
城南医師塾 城南医師塾
3
翔進予備校 翔進予備校
4
一会塾 一会塾
5
メディックトーマス メディックトーマス
6
横浜予備校 横浜予備校
7
エースメディカル エースメディカル
8
プロメディカス プロメディカス
9
メディカルラボ メディカルラボ
合格率(%) 77%(9名中7名) 高3生の88.9%(※人数不明) %記載なし %記載なし %記載なし %記載なし %記載なし %記載なし %記載なし
特徴 合格保証や無料補修個別指導などサポート・フォローが手厚い 顧問医師の二次試験対策が万全 50年以上の歴史を誇る医系学部予備校 武蔵小杉・恵比寿に校舎を設置。医歯薬獣・文系・理系に強い予備校 完全1対1、医学部受験特化の個別指導 2〜4人の超少人数制の手厚い指導 馬車道から徒歩1分。無料個別指導・個別管理プログラム 東京・大宮・横浜に3校舎を展開する医専予備校 受験校をマッチング指導・医学部受験のプロ講師・3段階150分の個別授業
授業形態 8名前後の少人数授業・個別指導 集合授業・個別指導 4名〜5名クラス クラス平均7名の集団と個別指導 完全1対1の個別指導 2名〜4名程度集団授業・個別指導 集団授業・個別指導 集団授業・個別指導 1対1の完全個別指導
授業外サポート 顧問医師・現役医大生トレーナー在籍 クラス担任によるコーチング(講師のコーチングは別途有料オプション) 受験を熟知した「プロ」のチューター在籍 プロ講師または医大生が質問対応 教務担任制度とT.A.による演習指導 大学生が担当する補修指導(ハマトレ)が人気 補修個別指導 各校舎に受験情報んび精通した責任者がサポート 質問専任チューター制
学習環境 専用自習机ブース 専用自習ブース 指定席ではないため席の確保が大変 専用自習机なし 専用自習机なし 指定自習机あり 指定自習机あり 指定自習机あり 個別ブースの自習室
公式サイト メディカルアーク
公式サイトでみる
城南医師塾
公式サイトでみる
翔進予備校
公式サイトでみる
一会塾
公式サイトでみる
メディックトーマス公式サイトでみる 横浜予備校
公式サイトでみる
エースメディカル
公式サイトでみる
プロメディカス公式サイトでみる メディカルラボ
公式サイトでみる
医学部予備校おすすめ